あなたの恋人、大事な人に性感染症検査を受けてもらうには、どんな方法がいいでしょうか?

あなたに大好きな人がいて、すでにセックスの関係もあるとします。

そんな大事なあなたのパートナーに性感染症の検査を受けてもらうには何と言ったらいいでしょうか。

今回は私の体験談をご紹介したいと思います。あなたの参考になれば幸いです。

◇HIV検査を受けない彼女

今からちょうど10年ほど前のこと、私に新しい彼女が出来ました。

でも私たちが付き合い始める前に、お互いに深い仲の恋人がいました。

ところが私と彼女、それぞれに事情があってほぼ同じ時期に恋人と別れ、そしてお互いに大事な人を失った心の隙間を埋めるように惹かれあって付き合い始めたのです。

しかし、そうなってみると私にとって気になるのは前の彼氏です。

もしや彼女が前の彼氏から病気をうつされていないか、それが不安になってきたのです。

と言うのも、彼女は子宮の摘出手術を受けており、避妊の心配がないのでコンドームを使わないセックスをしていたのです。

これは男性にしたら絶対嬉しいことです。

しかし、それも性感染症の不安が100%ないと分かっていればの話です。

彼女の彼氏がどんな男性だったのか、詳しくは知りませんでしたが、少なくとも性感染症に関して完璧に安全な男性だったとは思えません。

一方、私の方はどうだったかと言えばコンドームを使っていたし、何よりHIVを含む性感染症の検査を受けていました。

HIV、梅毒、クラミジア、淋菌、ウイルス性肝炎、これらすべて検査で陰性でした。

だから私が彼女に性感染症をうつす心配はありませんでした。

でも、彼女の方はどうなんだろう。いくら大好きな彼女とは言え、HIVをうつされたら大変です。

そこは恋愛感情とは別にシビアに不安を覚えました。

そこで私は思い切って彼女に性感染症の検査を受けて欲しいと言いました。

最低でもHIV検査は受けて欲しいとストレートに言いました。むろん、私自身もいっしょに検査を受ける言いました。

自分がHIVに感染していないことは分かっていましたが、一緒に検査を受けると言った方が彼女も承諾してくれるだろうと思ったのです。

彼女はすぐにOKしてくれました。特に嫌な顔もせず、自然な感じでした。私はほっとしました。

もしも必要ないと拒否されたらどうしようと思っていたのです。

ところが、二つ返事で了解してくれた彼女なのに、その後いつまで経ってもHIV検査を受けてくれません。

私が保健所や病院の情報を調べ一緒に行こうと誘うのですが、

「今はちょっと時間がないから、そのうちに」

いつも彼女はそう言うのです。

しかし、検査の話を切りだして3ヶ月過ぎても検査を受けない彼女に対し、ついに私は強く検査を迫りました。

すると彼女はやっと検査に行きたくない理由を話してくれました。

それは保健所や病院で彼女の知り合いに会うのが嫌だ、そして保健所や病院で好奇の目で見られるのも耐えられないと言うのです。

確かにお互いにもう中年と言える年齢だったので、彼女が世間体を気にするのも分かります。

私だって正直に言えば恥ずかしい。いい歳をして、みたいな感覚はありました。

そこで私は彼女の気持ちを尊重しつつ性感染症の検査を受ける方法を選びました。

それは検査キットを使う方法です。

 

◇手軽にその場で即、二人で検査

私は二人分のHIV検査キットを用意し、彼女とデートした夜にいっしょに使いました。

実は私は過去にもHIVを始めとする性感染症の検査キットを使った経験があったのです。

まぁ、決して自慢話にはなりませんが、私は保健所でHIV検査、泌尿器科でHIVを始めとする複数の性感染症、自宅でも複数の性感染症検査キットを使った経験があります。

彼女は初めて見るHIV検査キットに興味津々という感じでした。

決して嫌な雰囲気になることなく、あっという間にHIV検査が出来ました。ものの10分とかかっていません。

ただし、郵送式のHIV検査キットなので、二人でやったのは採血まで、検査そのものはメーカーに郵送して専門機関でやってもらいます。

従って検査結果が分かるのはその後になります。

私たちの場合は郵送してから5日目に検査結果が分かりました。むろん私は陰性、そして彼女も陰性でした。

私はほっとすると同時に、もっと彼女が好きになれました。

これが私が経験した、HIV検査を嫌がる恋人に検査を受けてもらった方法です。

もしもあなたの恋人が性感染症の検査を受けてくれなかったら。

そしてその理由がこんな理由だったら。

●忙しくて時間がない。

●近くに保健所(病院)がない。

●対面式の検査は恥ずかしい。

●人目、世間体が気になる。

こんな理由だったら、性感染症の検査キットを提案してみてはどうでしょうか。

あるいは事前に用意しておいて、

「これ、買ってみたんだけどいっしょに使ってみない?」

と切りだしてはどうでしょう。

あなたの恋人は驚くかも知れませんが、そこまで用意してくれたのならと、きっと検査に応じてくれると思います。

HIVだけならわずか10分程度だし、私は8種類の性感染症を同時に検査したこともありますが、それでも30分から40分です。

二人の共同作業でやれば結構楽しみながらやれるのではないでしょうか。

ただし、次のことだけはお気を付け下さい。

すでに何らかの症状が出ている場合には検査キットを使わず病院へ行って下さい。

検査キットで治療は出来ないし、検査キット以外の病気の可能性もあるからです。

症状が出ている場合には即刻専門医の診察をうけ、最善の処置をしてもらうことが大事です。

私たちのように何も症状は出ていないけど、性感染症に感染していないことを確認して安心するためなら検査キットは最大限有効活用できます。

最後に一言。いくらあなたがお願いしても恋人が検査を受けてくれない場合、性感染症の怖さをよくよく説明してあげて下さい。

自覚症状が出にくい病気が多いこと、知らない間にどんどん感染が進行すること、早く治療しないと後で大変なことになる場合もあること。

それでも検査を受けてくれない相手なら、お付き合いを考え直した方がいいかもです。

アイコンボタン病院へ行かなくてもあなたの自宅で性感染症の検査ができます。
フッターバナー5

HIVと重複感染が多いのはこれ!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気!主要5項目を同時検査。
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから
主要7項目検査でまずは一安心!
タイプRバナー ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)

¥14,750+消費税
矢印タイプR 男性はこちらから

矢印タイプR 女性はこちらから