このページでは、性感染症(性病)の病原体のうち、細菌編をお送りします。

◇性感染症の病原体「細菌編」

さて、ウイルスの次は細菌、バクテリア編です。まずは、性感染症(性病)を引き起こす細菌にはどんなものがあるかを見てみましょう。

◇クラミジア・トラコマティス・・・クラミジア感染症の原因となる細菌です。

◇梅毒トレポネーマ・・・梅毒の原因となる細菌です。

◇ナイセリア・ゴノローエ(淋菌)・・・淋菌感染症の原因となる細菌です。

◇軟性下疳菌・・・軟性下疳の原因となる細菌です。

性感染症(性病)の原因となる細菌には以上のようなものがあります。この他にも、皆さんがよくご存知の感染症を引き起こす細菌としては、次のようなものがあります。

◇ジフテリア菌・・・ジフテリア

◇結核菌・・・結核

◇チフス菌・・・ 腸チフス

◇赤痢菌・・・ 細菌性赤痢

◇病原性大腸菌O157 ・・・ 食中毒

◇コレラ菌・・・コレラ

◇ペスト菌・・・ペスト

さて、これらの細菌ですが、地球上ではも40億年も前に誕生した、もっとも古い生物だそうです。人類が地球上に誕生したのは約500万年前です。細菌が地球上に現れてから今日までを1日24時間の長さに例えるなら、人類が登場したのは、たったの2分前です。いかに細菌が古い生物であるかがお分かり頂けると思います。

そして、細菌は地球上で一番古いだけでなく、一番個体数の多い生物でもあります。何と、5×10の30乗も存在するのだそうです。ちなみに世界の人口は現在、約68億5千万人です。細菌はとてつもなく多いですね。(人間の人口と細菌の数を比較する方がおかしいと思いますが。)

ただし、細菌の大きさは極めて小さいのです。直径が0.5μ~1μ、長さは3μ~15μだそうです。1μ(ミクロン)は1/1000ミリです。そして、細菌はその形状から、次の3つに分類されます。

◇棒状の形をした細菌 ⇒ 桿菌(かんきん)

◇球形をした細菌 ⇒ 球菌

◇らせん状をした細菌 ⇒ スピロヘータ

細菌は栄養を吸収するとどんどん成長します。もとの大きさの倍くらいまで成長すると、細胞分裂を起こして2つの細胞に分かれます。2つに分裂した細胞は、またそれぞれが2つに細胞分裂します。こうやって、2の2乗のペースで細胞分裂を繰り返し、増殖していくのです。だいだい、1回の細胞分裂には20分くらいかかるそうです。これで計算すると、たった1つの細菌は、24時間後には1000万個に増えているのです。

このページでは、性感染症(性病)を始めとする色んな感染症の原因となる細菌の話をしてきました。しかし、細菌の中には人間にとって、プラスとなる善玉細菌もいるのです。今年の3月16日付けの読売新聞「健康」のページに、人間の腸内に存在する細菌のことが書かれてありました。それを最後にご紹介しましょう。

人間の腸には、凡そ400種類、100兆個以上の細菌がいるそうです。何ともすごい数ではありませんか!そして、人間の人体を構成する細胞の数は60兆個だそうです。つまり、人間の細胞の数よりも、腸にいる細菌の数の方が多いのです。

この100兆個の細菌のうち、8割は善玉菌だったり、何も悪さをしない細菌だそうです。残り2割が悪玉菌と言うことになります。大腸菌や、ウエルシュ菌(腸炎や食中毒を起こす)などが悪玉菌です。でも、他の善玉菌がいるので、ほとんど影響なく私達人間は健康に暮らせると言う訳です。

ただ、この悪玉菌と呼ばれている細菌にも、人間に役立つ働きをすることがあるそうです。それはどんな働きかと言うと、

1.人間に必要なビタミンBを作る。

2.腸に集まる免疫細胞を刺激して、免疫機能を高める。

3.ある種の大腸炎の治療薬の効果を高める。

などが分かってきたのだそうです。ただし、素性は悪玉菌ですから、これが多くなり過ぎると体調不良になります。つまり、ほどよく存在してバランスが保たれた状態がベストと言う訳です。そのバランスを保つには日頃の食生活や、ストレスをためないことが大事なのだそうです。

以上が、性感染症の病原体「細菌編」でした。
________________________________________________

・・「もしかして・・・」 そんなあなたの不安を自宅で解消!

・STD研究所 STDチェッカー TypeE(男性用で一番多く使われています)
HIV・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌の5種類がまとめて検査可能です。
・STD研究所 STDチェッカー TypeF(女性用で一番多く使われています)
HIV・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌・カンジダ・トリコモナスの7種類がまとめて検査出来ます。

性感染症(性病)検査完全ガイド  TOP