もしもあなたが何かの性感染症に感染していると分かったとき、あなたのパートナーにはどう言いますか?

正直に話しますか?

それとも・・・・

ネットの相談サイトを見ていると、自分が性感染症に感染していると分かった時、自分の相手にどう話すべきか、どう対応すべきか、その相談が多数寄せられています。

感染したと言っても実際には色んなケースがあると思います。

実はパートナーからうつされた場合、不倫や浮気してうつされた場合、風俗で遊んでうつされた場合、全く感染ルートに心当たりがない場合。

ここでは自分に非があって性感染症に感染し、パートナーへどういい訳するかを考えてみたいと思います。

ただし、ここに書いてある言い訳を使ってどんな結果になろうとも当サイトでは責任を持ちません!

あくまであなたの自己責任でお願いします。

 

◇元カレ、元カノのせいにする

随分卑怯な手ですが、この際そんなことも言ってられません。

あなたが今のパートナーと出会う前にうつされたと主張しましょう。

『もちろん、浮気なんかしてない!お前と(あなたと)知りあう前の彼女(彼)にうつされたに違いない!』

と言い張る訳です。

ただし、感染しても自覚症状のあまり出ない病気でないとウソがばれます。

どんな性感染症でもこの手が使える訳ではありません。

 

●クラミジア

これは男女ともに使えます。実際、クラミジアは感染しても女性の80%、男性の50%には症状が出ません。

感染して無症候キャリア状態になります。

元カレ、元カノには悪いですが、感染源になってもらいましょう。あくまで自分は被害者だと言い張るのです。

ただ、付き合い初めて2,3年、結婚してから2、3年以内でないと説得力薄いかも。

いくら無症候とは言え5年も10年もそのままと言うのは説得力に欠けるかも知れません。

 

●淋菌

淋菌感染は女性の場合はクラミジア同様に症状が出ないことが多いのです。

ゆえに女性の場合はクラミジアと同じ、元カレのせいにすることも出来ます。

しかし、男性の場合、かなり強いハッキリした症状が出ます。

彼女がそれを知っていればごまかせません。

 

◇自分の体内にいる菌によって発症した

『浮気や不倫じゃない、あなた以外とはセックスしてない。元々自分の体内にいる菌で発症した。』

と説明します。これは単なるウソじゃなくて本当にその可能性があります。

 

●膣カンジダ症

カンジダ菌は常在菌であり、体内の菌によって免疫力が低下すると発症することがあります。

だから浮気も不倫もしてなくて発症するのです。むしろ自家感染の方が多いのです。

膣カンジダ症の場合は堂々とそう言いましょう。(事実その可能性が高い)

カンジダ症は女性特有の病気と思われがちですが、男性にも感染します。

ちゃんと彼やご主人に自分が感染したことを話してお相手にも検査してもらって下さい。

 

●性器ヘルペス

性器ヘルペスも再発の多い性感染症です。

一度発症すると症状が治っても病原菌は体内に潜んだままの状態となり、免疫力が低下すると出てきて発症します。

つまり浮気や不倫をしなくても発症する性感染症なのです。

 

◇性行為以外の感染ルートで感染した!

性感染症は性行為によって感染する病気です。しかし、中には性行為以外でも感染する可能性がある病気もあります。

その可能性はとても小さいですが、ゼロではありません。

『この病気はセックス以外でも感染するんだ。きっとアレで感染したに違いない!』

といい訳しましょう。

まず、本当に性行為以外のルートで感染する性感染症をご紹介します。

●淋菌
まれにトイレの便座、タオルなどからでも感染する可能性があります。

●膣トリコモナス
お風呂で感染する可能性があります。またトイレの便座からでも感染することがあります。

この淋菌とトリコモナスは専門書にも上のように書かれているので、そう主張します。

ただし実際に性行為以外で感染することは極めてまれです。

『だってお前(あなた)以外とはセックスしてないんだからそれしかあり得ない!』

と自信を持って言いましょう。

トイレ以外にもサウナ、プールなども状況に応じていい訳の場所に使えます。(ホントはそんな場所からは感染しません)

あなたのパートナーが性感染症についてあまり詳しくない場合は、他のクラミジアや梅毒でも同じようにお風呂とかトイレで感染するんだといい訳してみる手もあります。

 

◇半分正直に白状する

あなたが誰かと浮気、不倫したとき、

『ごめん!つい悪い友人に誘われてたった1回だけ風俗に行ってしまった!』

と謝ってみてはどうでしょう。

下手するとヤブヘビになりかねませんが、中には本気の浮気は許せないけど遊びの風俗なら許してくれるパートナーもいるかも知れません。

ただし、自分が遊びたくて行ったと思われてはダメです。

あくまで自分は嫌で仕方なかったけど、どうにも仕方なく出来心で行ってしまったと信じせなくては成功しません。

出来れば友人に話を合わせてもらうと信用される可能性が高いかも。

 

◇あくまでしらを切り通す!

『なぜ俺(私)が感染したのか、全く心当たりがない!どう言われようとも分からないものは分からない!』

と、最後までしらを切り通すのも手です。

ネット上には感染ルートが分からずに感染した人の体験記、相談などが多数あります。

そうした記事をあなたの相手に見せて、

「ほら、こんなに同じような人がいるだろう!」

と強気で言い張ります。

相手はそれで納得しないかも知れませんが、あなたが言い張っている以上調べようがないはず。

しぶしぶ信用するか、あなたに愛想をつかすか、ギャンブルです。

 

◇いずれにしても大事なことは・・・

あなたが浮気や不倫で性感染症に感染したとき、絶対に忘れてはいけないこと、逃げてはいけないことが1つだけあります。

それはどんな言い訳をするにせよ、あなたのパートナーに感染した事実を告白することです。

あなたが性感染症に感染していることを相手に隠したままにしておくことは許されません。

あなたが感染している以上、相手も感染している可能性がある訳で、一刻も早く病院で検査、治療を受ける必要があります。

もしもあなたが感染の事実を隠したままにしていると、あなたのパートナーは同じ性感染症に感染し、どんどん進行する危険性があります。

場合によっては重体になったり後遺症が残ったりする危険性もあります。

だからどんなにあなたの相手が怒り、嘆き、悲しんだとしても告白する義務があなたにはあります。これを忘れないで下さい。

むろん、相手も感染していた場合、あなただけ治療してもピンポン感染でまたあなたも感染してしまいます。

 

◇あなたの感染した性感染症がHIVだったら・・・

あなたの感染した性感染症がもしもHIVだったら。これは他の性感染症と重みが全然違います。

もしも相手にもHIVが感染していたら。

あなたもご存じの通り、HIVはいったん感染すると完治出来ません。

生涯治療になるし、万一エイズを発症すると即、生命の危機に直面することになります。

だから相手のこともあるけど、まずはあなた自身がHIV感染の事実を受け入れるのに大変だと思います。

あなたのパートナー、あるいは家族や職場へのカミングアウトをどうするか、専門のカウンセラーが相談に乗ってくれます。

 

◇結論

さて、ここまでかなりいい加減な、無責任なことも書いてきましたが、もしも私自身がいい訳するハメになったら・・・。

どうするか真剣に考えてみました。

たぶん、ホントのことは言いません。

性感染症に関する知識が多少なりともあるので、自分に有利な証拠を集めて私のパートナーを無理やり説得すると思います。

どの道を選ぶかは、あなた次第です。

アイコンボタン自覚症状では分からない性感染症。不安ならまず検査を。
フッターバナー5

HIVと重複感染が多いのはこれ!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気!主要5項目を同時検査。
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから
主要7項目検査でまずは一安心!
タイプRバナー ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)

¥14,750+消費税
矢印タイプR 男性はこちらから

矢印タイプR 女性はこちらから