もしも男性のあなたが排尿痛を感じたら、それは何かの性感染症に感染している可能性があります。

あなたが風俗で遊んで数日経ってから、オシッコをするとどうも痛みを感じる・・・。あるいは、痛みと言うほどではないが、どうも違和感がある・・・。こんな時は性感染症の感染が疑われます。

・・◇男性の排尿痛にはこの3つの性感染症があやしい!


男性のあなたが排尿痛を感じたとき、感染の可能性がある性感染症は次の3種類です。

●クラミジア感染症

●淋菌感染症

●非クラミジア性・非淋菌性尿道炎

早い話、クラミジアか淋菌か、それ以外か。この3つのどれかの可能性が高いという訳です。ただし、同じ排尿痛の原因になる性感染症とは言え、全く異なる性質も持っています。

それぞれの性感染症を比較してみましょう。いずれも男性が対象の場合です。

項目 クラミジア感染症 淋菌感染症
非クラミジア非淋菌
病原菌 クラミジア・トラコマティス ナイセリア・ゴノローエ
・マイコプラズマ
・ウレアプラズマなど
潜伏期間 1~3週間 2日~7日 1~5週間後
主な症状 ・症状は比較的緩やか
・排尿痛
・尿道のかゆみ、不快感
・尿道からの膿(うみ)
・精巣上体の腫れ
・軽い発熱
・症状は急激
・排尿痛
・尿道のかゆみ、不快感
・尿道からの膿(うみ)
・精巣上体の腫れ
・軽い発熱
・症状は比較的緩やか
・排尿痛
・尿道のかゆみ、不快感
・尿道からの膿(うみ)
治療法 抗生剤を1日~7日間投与する 抗生剤を投与、または注射する 抗生剤を1~2週間投与する
検査キット STDチェッカーTypeC STDチェッカーTypeC STDチェッカーTypeC

上の表からお分かりの通り、クラミジアも淋菌も、マイコプラズマ、ウレアプラズマも、それぞれの感染による尿道炎は症状が似ています。つまり、あなたの身の上に起きた排尿痛という症状から病名を絞り込むことは難しいのです。

それで、検査キットは尿道炎の可能性がある性感染症を全て検査可能なものをご紹介させて頂きました。

■STDチェッカーTypeC
クラミジア・淋菌・マイコプラズマ・ウレアプラズマが同時に検査出来ます。

あなたの症状がひどければ即刻泌尿器科へ行きましょう。それほどひどくなければ 自分で検査キットを使って検査するのもアリです。ただし、いずれ治療する可能性が高いと思えば最初から病院へ行くことをお勧めします。


・・◇尿道炎の原因となる性感染症


先ほど、尿道炎の原因となる性感染症について3種類ありますと説明しました。それはクラミジア感染症、淋菌感染症、非クラミジア性非淋菌性尿道炎の3種類です。では、実際にこの3種類がどのくらいの割合で原因となっているのか説明しましょう。

■尿道炎の原因は・・・

●クラミジア     38.6%

●淋菌        39.0%

●マイコプラズマ   9.1%

●ウレアプラズマ  13.1%

このような比率で尿道炎の原因となるそうです。

このデータはこちらから⇒・STD研究所 STDチェッカー

以上、今回はもしもあなたが排尿痛を感じたら、それは何かの性感染症に感染した可能性があります、というお話をしました。そして、その性感染症とは、クラミジア、淋菌、マイコプラズマ、ウレアプラズマのいずれかである可能性が高いのです。

繰り返しになりますが、排尿痛がひどい場合には即刻泌尿器科へ行って診察を受けて下さい。そんなにひどい症状でなければ自分で検査キットを購入して検査するのもアリです。

ただし、いずれ治療が必要になると思われたら最初から病院へ行くことをお勧め致します。時間とお金の無駄を省けます。

■この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。
『尿道炎は性感染症の代表的な症状』
『性感染症とHIV』