あなたは、ご存知ですか?

*医療機関に行かなくても、あなたのご自宅で信頼性の高い性感染症検査が可能です。

HIVは第四世代の抗原抗体検査、クラミジア、淋菌はTaqManPCR法など、感度の高い検査です。

*私も使いました。主要な性感染症、7項目がこれ1つでまとめて検査出来ます。

■STDチェッカー タイプR(男性用女性用

 

皮膚が接触するだけで感染してしまう性感染症とはどんなものか、あなたはご存知ですか?

ぜひこの記事を読んであなたの性感染症予防にお役立て下さい!

私が最も信頼して利用しているSTD研究所のホームページから得た情報に、私が調べた情報も付け加えてあなたにお届けしたいと思います。

■STD研究所 STDチェッカー

◇皮膚が接触しただけで感染するのか?

そもそも性感染症とは、主に性行為によって感染する病気を言います。

その感染ルートの基本は感染者の体液があなたの粘膜部に接触することです。

それは『性感染症の感染ルート』という記事で詳しく説明しました。

この基本はあらゆる行為に共通していえる原理原則です。

母子感染や、注射器・輸血などの血液感染をのぞく、性行為感染においては体液と粘膜部が接触しなければ感染しないし、接触すれば感染の可能性があります。

性行為感染における体液とは精液・膣液を指し、粘膜部とは性器・肛門・直腸・喉などを言います。

まず、何かの性感染症に感染した人がいたとします。その人の皮膚と、あなたの皮膚が接触したとします。この皮膚と皮膚の接触で性感染症の感染は成立しません。

当たり前です。

もしもこの皮膚接触で感染したら大変なことになります。日本中、いや世界中が感染者だらけになってしまいます。

そうなったら性感染症ではなく、単なる感染症です。

でも、ちょっと待ってください。

そうとも言い切れません。皮膚と皮膚の接触だけで感染する病気がありました。

それは疥癬と毛じらみ症です。この2つは皮膚の接触で感染する可能性があります。

●疥癬

ヒゼンダニと言うダニの一種が、皮膚に感染する病気です。

性行為などで皮膚と皮膚がこすれ合った時に感染することがあります。

また、タオル、布団、衣類などからも感染することがあります。疥癬は皮膚接触で感染します。

●毛じらみ症

吸血性昆虫のケジラミが主に陰毛に寄生して発症します。

性行為のときに陰毛同士がこすれあって感染することがあります。

また、タオル、布団、衣類などからも感染します。一応、皮膚と皮膚の接触感染と言えなくもないですね。

この2つの病気がどうして皮膚接触で感染するかと言えば、感染場所が皮膚だからです。

原因となるダニやシラミが皮膚の表面や、皮膚のすぐ下にもぐり込んでいるからです。

しかし、HIVや梅毒やクラミジアなどのように、ほとんどの性感染症では病原菌は体の内部に存在し、体液中の病原菌が粘膜部を通して感染します。

皮膚から感染することはありません。

性感染症の病原菌であるウイルスや細菌に対して皮膚は強力なバリヤーの働きをしており、皮膚を貫通して感染することはありません。

従って、感染者の体液があなたの皮膚にちょっと付着したくらいでは感染しません。

◇ところが、こんな場合は感染する!

しかし、皮膚から感染しないと言っても、それは健康で正常な皮膚の場合です。

感染した人の皮膚に異常があっても、あなたの皮膚に異常があっても感染する可能性が出てきます。

●梅毒

●尖圭コンジローマ

●性器ヘルペス

この3つの性感染症は危ないです。


●感染者の皮膚に患部がある場合

あなたのお相手が梅毒、尖圭コンジローマ、性器ヘルペスなどに感染していると性器やその周辺に患部が発生します。(梅毒だと患部は性器周辺だけでなくどこでも可能性アリです。)

患部では皮膚がイボのようになったり、炎症を起こしたり潰瘍が出来たりします。

そしてここには病原菌がいます。イメージとしては、患部がジュクジュクして体液がにじみ出ている感じです。

こうした患部にあなたの粘膜部が接触すると感染する可能性があります。

普通なら、相手の皮膚とあなたの粘膜部が接触しても感染しないのですが、皮膚に患部があると感染する可能性があります。

例えば、あなたが性風俗に遊びに行ったとします。相手は梅毒に感染していて、性器周辺に小さな潰瘍が出来ていたとします。

そこにあなたが素股行為に及んだとします。

すると、相手の患部、もしくは体液にあなたの粘膜部(性器・肛門など)が接触して、梅毒が感染する可能性があります。

薄暗い部屋で相手の体の状態も確かめずに遊ぶ行為は危険です。

●感染者の皮膚に傷がある場合

感染者の皮膚に性感染症による患部がなくても、他の原因による切り傷や何かの炎症などがあればやはり感染の可能性があります。

傷口からは血液や体液が出てきて、それがあなたの粘膜部に接触すれば感染の可能性があります。

●あなたの皮膚に傷や炎症がある場合

今度はあなたの皮膚に傷や炎症がある場合です。

通常なら体液に触れてもあなたの皮膚を通して感染することはないのですが、皮膚に傷や炎症があれば、そこから病原菌が侵入する可能性があります。

挿入行為がなくても、素股行為や手コキ行為などで感染する可能性があります。

また、相手の皮膚に傷があって、あなたの皮膚にも傷があり、傷口どうしが接触した場合も感染の可能性があります。

まぁ、実際にそんなケースまれだと思いますが、感染する可能性があることを覚えておいてください。

◇皮膚接触による感染を防ぐには?

梅毒、尖圭コンジローマ、性器ヘルペスの皮膚接触による感染防止は、まずは相手の体に異常がないか確かめることです。

●イボのようなものがある。

●斑点が出ている。

●炎症や潰瘍がある。

●傷がある。

相手にこうした異常があれば皮膚接触による感染の可能性があります。

むろん、相手が性感染症に感染していた場合ですが。

風俗店ではむろんですが、初めて会ったお相手、よく知らないお相手、不特定多数のお相手などの場合は要注意です。

私が思うに、一番危ないのはあなたの相手が性器周辺に患部がある場合です。

あなたがいくらコンドームをして予防しても感染する可能性があります。

あるいはあなたが女性で相手の男性が感染者であれば、男性がコンドームをしていても女性のあなたに感染する可能性があります。

私の経験上から言っても相手の体に異常がないか調べるのは難しい場合もあります。

しかし、少なくとも相手が感染者である可能性が否定できない場合は要チェックです。

それもあなたが冷静なうちにチェックしてください。

性行為に及んで興奮状態になってしまってからでは冷静な判断が出来ない恐れがあります。(私の経験上です)

くれぐれもご注意ください。

以上、ここでは皮膚接触による性感染症の感染予防について説明しました。

記事を読んで不安になってきたあなた、自宅で郵送式の検査キットを使ってみませんか?

誰にも知られず、あなたの都合のいい時に検査が可能です。

アイコンボタン病院へ行かなくてもあなたの自宅で性感染症の検査ができます。
フッターバナー5

HIVと重複感染が多いのはこれ!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気!主要5項目を同時検査。
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから
主要7項目検査でまずは一安心!
タイプRバナー ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)

¥14,750+消費税
矢印タイプR 男性はこちらから

矢印タイプR 女性はこちらから