性風俗店について全くの勘違いをしている人がいます。改めて記事を書きます。

当サイトでは、これまでにも性風俗で遊んで感染しないようにと注意喚起の記事をいくつか書いてきました。

『性感染症、デリヘルは安全?』

『それでもあなたは風俗へ行く!』

『素股行為で感染する?』

こうした記事です。

私は決してえらそうに書いている訳ではありません。私自身がかつて性風俗で遊んで深刻なHIV感染疑惑に陥ったことがあるので、その体験も踏まえて予防について書いているのです。

◇あるネットの相談書き込み

最近、あるネットの相談サイトで1つの書き込みを読みました。妊娠中の主婦の相談なのですが、ご主人が風俗に遊びに行ってクラミジアに感染し、それを奥さんにうつしてしまったのです。

奥さんとしてはダンナが絶対に許せないし赤ちゃんのことが心配だし、もうパニック状態です。いったいどうしたらいいのでしょうか、という相談書き込みでした。

その相談の本題はちょっと置いといて、私が気になったのはある回答者の書き込みでした。

こんな書き込みがあったのです。

『クラミジアをもらってしまうなんて、よほど衛生管理の悪い店で遊んでしまったのでしょうね。』

と、書かれてありました。

つまり、相談者のご主人が選んだお店が悪かった、という指摘です。

私が思うに、この指摘は的外れです。当サイトで何度も書いているように、「安全な性風俗店」などこの世に存在しません。まるで勘違いの考え方です。

◇安全な性風俗店などあり得ない

性風俗で働く女性は不特定多数のお客の相手をします。お客の誰かが病気を持っている可能性があります。そしてコンドームを使う店もあれば、使わない店もあります。

仮にコンドームを使っていたとしてもそれで100%完全に性感染症を予防できるとは限りません。梅毒、性器ヘルペス、尖圭コンジローマなどはコンドームを正しく使っていても感染することがあります。

ましてや使い方が間違っていれば全ての性感染症が感染する可能性があります。

そして、そんな風俗嬢の働くお店にあなたも遊びに行くのです。絶対安全なお店などあり得ません。

「いや、このお店は毎月定期検査をしている。」

あなたはそう言うかも知れません。しかし、定期検査は絶対安全の根拠にはなり得ません。これも当サイトで何度も書いてきました。

一番分かり易いのはHIVです。今日、HIV検査を受けに行って陰性であっても、それは2ヶ月前、3ヶ月前まではHIVに感染していなかった、というだけの証明であり、今現在HIVに感染しているかどうかの保証にはなりません。

クラミジアだって抗体検査なら同様のことが言えます。また梅毒血清反応も感染直後では検査を通り抜ける可能性があります。正確な検査には感染から4週間経過している必要があります。

要するにそれぞれの性感染症検査のウインドーピリオドをクリアした検査でないと安心できません。でも、性風俗で働く女性にとってウインドーピリオドを完全にクリアして検査を受けることなんて不可能です。それこそ毎日のように仕事をしているのですから。

◇風俗店に行く時点で覚悟が必要

例えどんなに安全をうたった性風俗店であっても、絶対安全などあり得ません。ちょっと大袈裟にいうと、あなたが性風俗店に遊びにいくと決めた時点で覚悟が必要です。

どんな覚悟?

むろん、もしかしたら性感染症に感染するかも知れないという覚悟です。その覚悟の上で自己責任で遊ぶしかありません。感染したからと言ってお店や風俗嬢のせいにしても始まりません。もともとそういうリスクを持った場所なのです。

性感染症が怖いなら、そんな危険な場所には行かないことです。

とは言え、そんな建前ばかり言ってみたところで現実的ではありません。そして私だってかつては遊んでいました。ならば、あなたには最低でもコンドームの使用をお勧めしたいと思います。

それも、100%正しい使い方をしてください。

『コンドームの正しい使い方』

この記事にコンドームの正しい使い方が書いてあります。

そして、もしもあなたに性感染症の不安があるなら、出来る限り早い時期に検査を受けてください。病院に行くのが恥ずかしいなら自宅で検査キットを使う方法もあります。

ただし、あなたにすでに何かの自覚症状が出ているなら、検査キットなど使っている場合ではありません。直ちに病院へ直行してください。症状が軽いと甘く考えているとひどい目にあいますよ。早期発見、早期治療は全ての病気に共通です。

*やはりHIVは一番気になるし、この際まとめて5種類検査。
■STD研究所 STDチェッカー TypeE(男性用女性用
HIV・梅毒・クラミジア・淋菌・B型肝炎 代表的な5つの性感染症がまとめて検査可能です。

*もっとも感染者が多く、しかも自覚症状が少ない性感染症です。
■STD研究所 STDチェッカー TypeP(男性用女性用
クラミジア・淋菌・クラミジア(のど)・淋菌(のど) やっかいな咽頭感染の検査も可能です。

■この検査の信頼性(郵送検査認定事業者とは?)

■この検査の利用者の声(6375件の声)