HIV/エイズについて説明します。やはり、一番気になる性感染症です。

なお、HIV/エイズについての更に詳しい情報は、本サイトの姉妹サイトである、『HIV(エイズ)検査完全ガイド』をご覧下さい。

1.HIV/エイズはこんな病気です

まず、HIVとエイズと言う言葉の意味から説明します。

◇HIV  Human Immunodeficiency Virusの略語。

ヒト免疫不全ウイルスのこと。HIV-1型とHIV-2型の2種類があります。人の体内に侵入すると免疫細胞を破壊し、やがて免疫不全による様々な病気を発病します。

◇エイズ AIDS Acquired Immune Deficiency Syndromeの略語。

後天性免疫不全症候群。HIVに感染した人が、免疫不全に陥って発症する日和見感染症などの総称を言います。

つまり、HIVとはウイルスの名前です。そしてエイズとは、HIV感染によって免疫不全となった為に発症する病気の総称です。

エイズと言う名前の単独の病状がある訳ではありません。

具体的には、ニューモシスチス肺炎やカンジダ症など、23疾患がエイズ指標疾患として定められています。

HIV感染者がこの23疾患のどれか1つでも発症したら、その時点でエイズ患者と認定されます。

従って、HIVに感染しただけではエイズ患者ではありません。

HIV感染、エイズ発症は、かつては不治の病、死の病でした。

有効な治療法もなく、エイズを発症すれば2年くらいで死に至る恐ろしい病気だったのです。

今現在でも、HIVにいったん感染したらそれを除去する治療法はありません。

しかし、エイズ発症を抑える治療法は見つかりました。下のグラフを見て頂ければよく分かると思います。

◇1989年から2015年までの病変死亡者推移(ただし、医療機関からの任意報告)

病変死亡者数推移
図3.エイズ病変患者死亡数の推移(HIV検査完全ガイドより)

このように、今やHIV感染は早期発見さえ出来れば、必ずエイズを発症して死に至る病気ではなくなりました。

一部のメディアでは「慢性疾患と同じよ うなものだ」とまで書かれています。

少なくとも、早期発見出来れば致死的疾患ではなくなりました。

しかし、治ることのない不治の病であることは間違いないので、予防に徹するしかありません。

 

◇新規HIV感染者/新規エイズ患者推移 

平成14年から平成28年までの15年間 全数報告データ使用

HIV・エイズ
図1.新規HIV感染者の推移(HIV検査完全ガイドより)

新規HIV感染者、新規エイズ患者、共にここ数年は横ばい状態が続いています。

 

◇HIV感染者 平成28年(2016年)における年齢層別感染者 全数報告データ使用

HIV年代別
図4.新規HIV感染者の年齢別分布(HIV検査完全ガイドより)

グラフをご覧になってお分かりの通り、HIV感染者は20代から40代、そして50歳以上にも幅広く存在します。まさにHIV感染に年齢は関係ありません。

50歳以上には全体の13%の感染者が存在しています。

中高年は若い世代に比べてHIVやエイズの情報・知識が不足しており、一方で危機感が薄く感染が拡大しているとの指摘もあります。中高年のあなたはご用心ください。

 

◇エイズ患者  平成28年(2016年)における年齢層別感染者 全数報告データ使用

エイズ年代別
図5.新規エイズ患者の年齢別分布(HIV検査完全ガイドより)

エイズ患者の年齢層別のグラフをHIV感染者の年齢層グラフと比較すると、ピークが後ろ(高齢)にずれているのが分かります。

これは、HIVに感染 した後、エイズ発症までの潜伏期間が5年から10年と非常に長いことが理由だと思います。

しかし、同時に高齢者ほどHIV検査を受ける人が少なく、早期治療が受けられずにエイズを発症しているという一面もあるように思います。

平成28年は50歳以上の新規エイズ患者が全体の26.6%にも達しています。

 

2.HIV/エイズの病原体

HIVにはHIV-1とHIV-2の2種類があります。普通、私達がHIVと呼んでいるのは、ほとんどの場合HIV-1を指しています。

なぜな ら、日本国内ではHIV-1の感染がほとんどであり、HIV-2の感染例はほんの数件しか見つかっていなのです。

では、HIV-1とHIV-2では、どう違うのでしょうか。まず、そもそもの由来が異なります。

HIV-1と言うウイルスは、もともとはチンパン ジーに免疫不全を起こすウイルスで、それが人間に感染して生まれたと考えられているそうです。

それに対して、HIV-2は西アフリカに生息するスーティー マンガベイと言う、オナガザル科の猿に免疫不全を起こすウイルスが起源と考えられています。

また、HIV-1は治療法が確立していますが、HIV-2はまだ確立していないそうです。

そして病気の進行としてはHIV-1の方が早く、HIV-2は遅いとされています。

 

3.HIV/エイズの感染ルート

HIVの感染力はとても弱く、感染ルートは限定されています。

基本的には、

①性行為感染

②母子感染

③血液感染

の3ルートがあります。

日本の場合は①番の性行為感染が圧倒的に多くなっています。

エイズ動向委員会が発表した2016年の速報値から、新規HIV感染者、新規エイズ患者の感染ルートをご紹介しておきます。

HIV感染ルート

エイズ感染ルート

性行為感染では、HIV感染者の体液を通して感染します。感染の可能性がある体液としては、精液や膣液です。

そして、感染する可能性のある場所は、口の中、ペニス、膣、尿道、肛門、直腸、傷口などです。

 

4.HIV/エイズの検査方法

HIVに感染したどうかは、これから説明するHIV検査を受ける以外に分かりません。

①スクリーニング検査と確認検査

HIV感染の検査は、スクリーニング検査と呼ばれる1次検査と、確認検査と呼ばれる2次検査の組合わせで行われます。

まず、1次検査で、HIV感染がちょっとでも疑わしい人を全部「陽性」と判定します。

非常に検査感度の高い検査なのです。つまり、絶対にHIV感染者を見逃さない、と言う検査です。

従って、この検査で「陰性」判定が出れば、HIVに感染していることはありません。

でも、その逆に感度が高すぎるために、本当はHIVに感染していないのに「陽性」判定が出ることがあります。これを「偽陽性」と言います。

さて、この偽陽性が出る確率について、保健所でもらった資料には、100人に1人程度だと書いてありました。これは即日検査の場合です。

一方、保健所のHIV(エイズ)検査で本当の「陽性」が見つかる感染者は、1000人に3人の割合だそうです。(HIV検査相談マップ 厚生労働省運営サイトによる)

この2つのデータを、同じ1000人基準で比べると、偽陽性は10人、陽性は3人ということになります。

偽陽性も陽性も、どちらもスクリーニング検査では陽性判定ですから、合計人数は13人です。

つまり、スクリーニング検査を受けた1000人のうち、陽性の結果が出るのは13人で、うち本当の陽性は3人、偽陽性が10人ということになりま す。

スクリーニング検査で陽性が出た場合、それが偽陽性である確率は77%です。凡その目安でしょうが、この確率を事前に知っておくといいと思います。

一次検査で陽性になっても、決してそれは確定したものではありません。

②ウインドーピリオド

HIV検査を受けるとき、要注意点として、ウインドーピリオドを避けて検査を受ける、と言うことがあります。

このウインドーピリオドと言うのは、HIV検査を受けても正しい検査結果が出ない可能性のある期間を言います。

例えばHIV抗体検査では、体内に抗体が生成されるまでの期間がウインドーピリオドになります。

検査方法、検査の対象物によってウインドーピリオドは変わってきます。

私が調べた範囲では、

●HIV抗体検査 3ヶ月

●HIV抗原検査 1ヶ月

●NAT検査 11日

こんなところです。

ただし、専門書、医療機関によっては多少設定に差があるようです。

また、保健所の一部では抗原抗体検査のウインドーピリオドを2ヶ月設定にしているところもあります。

あなたがHIV検査を受けるときは検査実施機関にウインドーピリオドをご確認下さい。

もっとも、あなたが質問しなくても必ず医療機関の方から確認の質問がきます。

③NAT法と抗原抗体同時検査

◇NAT法(核酸増幅検査)

HIVの中の遺伝子の一部分を増幅器にかけて増やすことで、わずかなHIVの存在や量を調べることができるエイズ検査です。

感染してから11日目には検査可能と言われています。

ただし、一般の医療機関で行うNAT検査ではHIV-1のみしか検査出来ません。

従ってHIV-2まで検査しようとすれば感染したかも知れない日から3ヶ月経過してHIV抗体検査を受ける必要があります。

◇抗原抗体同時検査

抗原検査とは、P24と言うHIVのタンパク質を検出する検査です。

このP24抗原はHIV抗体よりも現れる時期が早く、その分だけウインドーピリオドが短くなっています。

私が性感染症の本や医療サイトで調べたところ、ウインドーピリオドは1ヶ月する記述が多かったようです。

ただ、抗原検査はHIV-1に限定されています。従ってHIV-2まで検査するためには3ヶ月後にHIV抗体検査も受ける必要があります。

この抗原抗体同時検査は「第四世代のHIV検査」として全国の保健所や医療機関のスクリーニング検査に使われています。

 

5.HIV/エイズの症状

感染して2週間から6週間ほど後に、風邪によく似た症状が出ることがあります。

これを急性HIV感染症と言います。発熱、喉の痛み、頭痛、倦怠感、または帯状疱疹(たいじょうほうしん)が出ることもあります。

この急性HIV感染症は、全てのHIV感染者に出る訳ではなく、何も症状の出ない人もいます。

この急性HIV感染症は、放置しておいてもすぐに治ります。そして、ここから長い潜伏期間に入るのです。

一般には5年から10年くらいの潜伏期間があると言われています。(ただし近年潜伏期間が短くなっており、HIV感染から3年以内でエイズを発症する事例が多く報告されています)

潜伏期間中も、HIV感染者の体内ではHIVが増殖し続け、免疫細胞を破壊します。

そして、段々と免疫力が低下し、健康な人なら全く問題ないウイルスや細菌や、真菌などに感染するのです。

免疫力が低下しているため、HIV感染者の体内に入ったこれらの病原体は暴れ放題です。

カンジダ症やニューモシスチス肺炎などの日和見感染症と呼ばれるもの、カポジ肉腫、原発性脳リンパ腫のような日和見悪性腫瘍、そして HIV脳症、HIV消耗性症候群などを発病します。

関連記事:「エイズの潜伏期間が短くなる?」(「HIV(エイズ)検査完全ガイド」参照)

 

6.HIV/エイズの治療法

HIVに感染すると、今のところ治す治療法はありません。HIVを体内から除去出来ないのです。

しかし、エイズ発症を抑えることは出来るようになりました。

それは、ARTと呼ばれる治療法が1997年ごろから広まった成果です。

ARTとは、 anti-retroviral  therapy の略です。この方法は多剤併用法であり、次の3種類の抗HIV薬を組み合わせて患者へ投与します。

◇NRTT:核酸系逆転写酵素阻害薬

◇NNRT:非核酸系逆転写酵素阻害薬

◇PI:プロテアーゼ阻害薬

この3種類の薬は、それぞれの分類の中に更に複数の薬があり、合計で18種類が現在日本国内では使用認可されているそうです。

これらの薬によって、体内のウイルス量を検出限界以下まで減少させることが出来るようなったのです。

つまり、それは免疫力低下を防ぐことを意味しており、エイズ発症を防ぐことも意味しています。

今やHIVに感染しても早期に発見出来ればエイズを未然に防げる時代なのです。

ARTが1996年から1997年ころに世界中に広がり、めざましい効果を上げるようになったのです。

アメリカでも日本でも劇的にエイズ患者の死亡数が減りました。

 

7.検査キットのご紹介

HIV/エイズ用の検査キットのご紹介です。

「いきなりエイズ」を発症する前に感染が分かれば早期治療が可能です。

抗HIV治療のいい薬も開発されています。検査キットの中ではやはり一番よく売れています。実は、私もこれを使いました。

読売新聞ネット版によれば、2015年に使われたHIV検査キットは85,629件でした。

HIV検査キットの使用量(2015)

保健所などで行っているHIV検査が年間に約13万件くらいですから、いかに検査キットを利用する人が多いか分かります。

アイコンボタン病院へ行かなくてもあなたの自宅で性感染症の検査ができます。

フッターバナー5

HIVと重複感染が多いのはこれ!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気!主要5項目を同時検査。
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから
主要7項目検査でまずは一安心!
タイプRバナー ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)

¥14,750+消費税
矢印タイプR 男性はこちらから

矢印タイプR 女性はこちらから