ここでは性感染症(性病)の中から尖圭コンジローマについて説明します。

 

1.尖圭コンジローマとはこんな病気です

ウイルス感染によって、性器や肛門の周辺に先のとがったイボが出来る病気です。

「尖(せん)」とは、先のとがった、と言う意味です。

治療でイボを取っても、ウイルスは体内に残り、免疫力が低下したときに再発するこがあります。

◇平成14年(2002年)から平成28年(2016年)までの15年間 定点報告データ使用

尖圭コンジローマ推移

尖圭コンジローマも平成17年をピークに感染者が減少に転じていました。

しかしここ数年男性は増加傾向にあり、要注意な性感染症の1つです。

◇平成28年(2016年)における年齢層別感染者 定点報告データ使用

尖圭コンジローマ年齢

尖圭コンジローマは男女共に20代、30代に感染者が集中しています。

2.尖圭コンジローマの病原体

ヒトパピローマウイルス(Human papillomavirus:HPV)が病原体です。

このウイルスは種類が多く、200種類もあるそうです。

その中で、尖圭コンジローマの原因となるのは、6型、11型と呼ばれているウイルスです。

3.尖圭コンジローマの感染ルート

性行為感染します。男性の場合、包茎で不衛生にしていると感染しやすくなります。

4.尖圭コンジローマの検査方法

イボの組織を採取してウイルスを調べます。

5.尖圭コンジローマの症状

感染してから症状が出るまでの潜伏期間は、凡そ2ヶ月から3ヶ月です。

まれに1年を超えるような長い潜伏期間もあるそうです。

女性の場合、性器から肛門にかけて「カリフラワー状」とか、「ニワトリのとさか状」と表現される白色、またはピンク色の米粒大のイボが沢山出来ます。

先がとがっていて、痛みやかゆみはありません。

ただし、イボが大きくなると排尿時や性交時に痛みが出ます。また、イボは膣の中に出来ることもあります。

男性の場合には、亀頭の根元や肛門に米粒大から小豆大のイボが出来ます。

 

6.尖圭コンジローマの治療法

何より性器を清潔に保つことが大事です。男性で真性包茎の人は手術を受けて亀頭と皮の間に垢がたまらないようにした方がいいです。(「性感染症と包茎」参照)

治療方法は、外科的治療と、薬物療法の2つがあります。

外科的治療では、レーザーで除去したり、電気メスで焼き切ったり、液体窒素で凍結して除去します。

薬物療法の場合には抗ガン剤の入った軟膏を塗ります。

液体窒素による凍結とは、綿棒に液体窒素をしみこませて、イボに押しつけて凍結させます。

この方法だと治療に痛みもなく、イボの跡が残りにくいそうです。ただし、大きなイボだと凍らせるのが難しいそうです。

治療でイボを除去しても、ウイルスを体内から完全に除去することは出来ません。

従って、非常に再発の多い性感染症と言われています。治療終了後、3ヶ月から4ヶ月は要観察です。

 

7.尖圭コンジローマの注意点

尖圭コンジローマは治療してもウイルスの一部が隠れて残り、再発することがあります。

また尖圭コンジローマの原因となるHPVは良性型の6型、11型です が、一部の患部組織からは悪性型の16型、18型が検出されることがあります。

悪性型は長い潜伏期間を経て女性なら子宮頸がん、男性は陰茎がんの原因とな ることがあります。

*HIV・梅毒・クラミジア・淋菌など、気になる性感染症をまとめて7検査できます。私も使いました。

・STD研究所 STDチェッカー TypeR(男性用)
クラミジア・淋菌・HIV・梅毒・B型肝炎
クラミジア(喉)・淋菌(喉)

*気になるHIVや梅毒、それに不妊症の原因となる性感染症が12種類まとめて検査できます。

・STD研究所 STDチェッカー TypeT(女性用)
クラミジア・淋菌・HIV・梅毒・B型肝炎・ C型肝炎・トリコモナス・カンジダ
細菌性膣炎・ヒトパピローマウイルス(悪性型)
クラミジア(喉)、淋菌(喉)