ここでは、性感染症(性病)の中からトリコモナス症について説明します。

1.トリコモナス症はこんな病気です

トリコモナスと言う原虫が感染して引き起こす性感染症です。男性は感染しても症状がほとんどなくて気が付かないこともあります。女性はおりものが変化した り、かゆみがあります。感染を放置すると不妊症になることもあります。

 

2.トリコモナス症の病原体

トリコモナス(Trichomonas vaginalis)原虫です。0.1mmくらいの大きさで鞭毛が生えていて膣や膀胱の中を泳ぎまわります。

 

3.トリコモナス症感染ルート

性行為で感染します。トリコモナス原虫は非常に感染力が強く、性行為感染の他にもトイレの便座やお風呂での感染もまれにあります。

 

4.トリコモナス症検査方法

男性の場合には尿検査、女性の場合には膣分泌物を採取して検査を行います。

 

5.トリコモナス症症状

潜伏期間は4日から1ヶ月と幅広い。男性の場合、トリコモナス原虫は尿道に寄生します。ほとんど自覚症状がなく、自分がトリコモナス症に感染したことに気が付きません。症状があっても、軽い排尿痛程度です。

女性の場合には、淡黄色から緑色をした泡状のおりものが大量に出ます。膣や外陰部にかゆみ、痛みを感じます。性交時に痛みがあったり、少量の出血が見られることもあります。炎症が激しい場合には、膣内部や子宮の一部まで赤くなります。

 

6.トリコモナス症治療法

5-ニトロイミダゾール系の抗原虫薬を7日間ほど投与します。膣剤を入れる場合もあります。治療開始から凡そ2週間くらいで治ります。ただし、症状が治っても膣の奥に原虫がまだ寄生している場合もあるので、症状が軽くなったからと言って、自分の判断で治療を止めたりしないで下さい。キチンと医師の指示に従って下さい。

 

7.トリコモナス症注意点

トリコモナス症はHIV感染と関係が深いと言われています。HIVに感染している人が、トリコモナス症にも感染すると、膣などの分泌物の中に含まれるHIVの量が増え、他の人への感染力が強まります。

また、自分HIVには感染してなくて、トリコモナス症に感染した場合には、HIVに感染しやすくなり、その感染倍率は2倍から3倍くらいに増えるそうです。

 

8.検査キットのご紹介

トリコモナス症を含む複合型検査キットのご紹介です。詳しくはこちら⇒「検 査キットの選び方(複合編)」

STD研究所 「STDチェッカー type F」(女性用 )  ¥10,920 クラミジア感染症・淋菌感染症(喉の検査は除く)・HIV・梅毒・B型肝炎・トリコモナス・カンジダ合計7種類の検査が出来ます。女性用検査キットの売れ筋第1位の商品です。

下の写真をクリックして下さい。商品の紹介ページにリンクします。