ここでは、女性の性感染症(性病)の検査方法について説明します。

なお、検査方法の用語については、「性感染症(性病)の検査概要」を参照して下さい。

【性感染症の検査方法 女性の場合】

あなたが女性なら、性感染症の検査にはこんな方法があります。

【性感染症の検査方法 女性患者の場合】
病  名 検査の方法
◇HIV ◇血液検査(抗原・抗体・核酸)
◇梅毒 ◇血液検査(抗体)
◇クラミジア感染症 ◇血液(抗体)・膣分泌物・のどうがい液(核酸)
◇淋菌感染症 ◇膣分泌物・のどうがい液(核酸)
◇性器ヘルペス ◇視診・膣分泌物(抗原)
◇尖圭コンジローマ ◇視診・患部組織検査(抗原)
◇トリコモナス症 ◇膣分泌物(抗原)
◇性器カンジダ症 ◇膣分泌物(抗原)
◇軟性下疳 ◇視診
◇ケジラミ症 ◇視診
◇疥癬 ◇視診
◇B型・C型肝炎 ◇血液検査(抗体・抗原)
◇非クラミジア性非淋菌性尿道炎 ◇膣分泌物(抗原)


こうした検査は主に泌尿器科・性感染症科・皮膚科で検査を受けます。

表はあくまで一般的な検査であり、医師が必要と判断すれば他の検査も行います。

病気や症状ごとに、どこで診察してもらえばいいか詳しく説明していますので、こちらをご覧ください。

⇒『症状から病名を探す(女性編)』

気になる検査費用ですが、当然検査の内容や病院によって異なります。

あなたが何かの性感染症を不安に思って検査を受ける場合は治療ではないので健康保険が適用できない可能性が高いです。(あなたの状況と病院の判断によります)

私がいろんな医療サイトで調べた限りでは、診察代と検査費用で1検査が1万円前後から2万円くらいかかります。

こちらのサイトに病気ごとの費用が載っているので参考にしてください。

■性病についてのお悩み解決サイト STD研究所

女性のあなたによく知っておいて欲しいのは、性感染症の中には不妊症の原因になるものがあることです。

例えばクラミジアや淋菌は感染が卵管まで進行するとそこで炎症を起こすことがあります。

すると卵管の途中が狭くなったり、癒着して塞がってしまい不妊症の原因となるのです。

クラミジアや淋菌そのものは抗生物質で比較的容易に治療できますが、完治しても後遺症として不妊症が残ってしまえば大変です。

しかも女性の場合、クラミジアや淋菌が感染してもその80%は自覚症状が出ないとされています。

あるいは自覚症状があっても軽くて検査や治療にまで及ばないことも多いのです。

あなたの大切なパートナーにも知らない間にうつしているかも知れません。

クラミジアは無症候感染者も含めると100万人以上が感染していると言われています。

国内の性感染症の中では最も感染者が多く、特に若い女性に感染者が集中しており不妊症への警戒が必要です。

従ってHIV感染症、クラミジア感染症、淋菌感染症など、自覚症状が出にくい性感染症についてはあなたに自覚症状がなくても、感染したかも知れない心当たりがあれば、検査を受けることをお勧め致します。

どの性感染症でもそうですが、感染して当然だと思う人はいません。

誰もが感染が分かってから、「まさか自分が・・・」そう思うのです。

【HIV・梅毒・クラミジア】

やはり性感染症の中で最も気になるのはHIVでしょう。

そしてそのHIVと最も重複感染が多いのが梅毒です。更に女性にとってクラミジアも気になります。

このHIV・梅毒・クラミジア、3つの性感染症については詳しい検査方法を【男性編】で解説してあります。ぜひそちらも読んでみてください。

【性感染症の検査方法(男性編)】
HIV・梅毒・クラミジアの詳しい検査方法を解説しています。

 

【検査方法が変わると検査結果が変わることがある】

1つの性感染症に対して、あなたが感染しているかどうかを検査するのにたいてい複数の検査方法があります。

そして、その検査方法によっては検査結果が異なる場合があります。

それはどれかの検査方法が正しくて、別の検査方法が間違っているという訳ではありません。

どちらも正しい検査なのですが、判定基準が異なっているために結果も異なるのです。

あるいは検査目的が異なるために結果も異なることがあります。

例えばクラミジア検査の場合です。保健所などでは主に血液を採取してクラミジア抗体検査をします。

一方、婦人科などの病院では膣分泌物によるPCR検査が行われます。(クラミジアの核酸を増幅して調べる検査方法です。)

この2つの検査は目的も方法も異なる為、検査結果も異なる場合があります。

●クラミジア抗体検査

クラミジア感染によって生成された抗体を調べます。

あなたが一度でもクラミジアに感染すると、抗体は何年も残ったままになっています。

従って抗体検査で陽性になっても現在感染ているのか、過去に感染して現在は完治しているのか判断できません。

この検査はクラミジア感染のスクリーニング検査として使われています。

要するに感染の可能性を振るいにかけているのです。

●PCR検査(抗原検査)

直接クラミジアが存在しているかどうかを調べます。

この検査で陽性になればあなたは現在クラミジアに感染しています。

以上のようにクラミジア抗体検査とPCR検査では目的も方法も異なる為、検査結果も異なる場合があります。

クラミジア抗体検査で陽性、PCR検査で陰性となることがあります。この場合はクラミジアには感染していません。

今、クラミジアの例をご紹介しましたが梅毒検査でも発生することがあります。

HIV・クラミジア・淋菌・梅毒・カンジダ・B型肝炎については当サイトの姉妹サイトがそれぞれの専門サイトとして存在します。

各サイトにおいて、検査方法を詳しく説明したページのリンクを用意しておきますから、興味のあるあなたはどうぞこちらから。

■HIV検査の種類

■クラミジア検査の種類

■梅毒検査の種類

■淋菌検査の種類

■カンジダ症検査の種類

■B型肝炎検査の種類

 

繰り返しになりますが、性感染症は感染しても症状が出にくいものが多いです。

感染に気付かず重症化し、不妊症の原因なることも珍しくありません。

あなたに何も自覚症状が無くても、性感染症の不安や心当たりがあればどうぞ検査を受けて下さい。

あなたが忙しくて病院へ行く時間がないとか、人目が気になるとか、そんな理由で検査を先延ばしにしているとしたら、郵送式の検査キットもあります。

説明書通りに使えばとても信頼性の高い検査が可能です。

私も過去に何度も使っています。

アイコンボタン病院へ行かなくてもあなたの自宅で性感染症の検査ができます。
フッターバナー5

HIVと重複感染が多いのはこれ!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気!主要5項目を同時検査。
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから
主要7項目検査でまずは一安心!
タイプRバナー ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)

¥14,750+消費税
矢印タイプR 男性はこちらから

矢印タイプR 女性はこちらから