5月27日付けで、エイズ動向員会の岩本委員長コメントが発表されました。2009年エイズ発生動向の概要についてと言うタイト ルです。本サイトでも、「HIV/エイズ」のページで2008年のデータをご紹介していますが、ここでは2009年の速報です。2009年の詳細データは、7月末に発表になるようです。

それでは、岩本委員長コメントから、主な数字をご紹介しましょう。なお、HIV/エイズについて、更に詳しい情報をご覧になりたい方は、本サイトのグループサイト「HIV(エイズ)検査完全ガイド」をご覧ください。

________________________________________________

【新規HIV感染者】

◇感染者数
・新規HIV感染者は1,021件で過去3位

◇感染ルート
・同性間性的接触によるものが694件(全HIV感染者報告数の約68%)と最多
・異性間性的接触によるものが210件(全HIV感染者報告数の約21%)

◇感染年代
・年齢別では、特に20~30 代に多い

◇感染報告地域
・東京都を含む関東・甲信越ブロック及び近畿ブロックの報告が多数を占める(75%)
・九州ブロックが増加

________________________________________________

【新規エイズ患者】

◇患者数
・新規AIDS患者は431件で過去最高と同数

◇感染ルート
・同性間性的接触によるものが210件(全AIDS患者報告数の約49%)と最多
・異性間性的接触によるものが132件(全AIDS患者報告数の約31%)

◇患者年代
・年齢別では、30 歳以上に多い

◇患者報告地域
・東京都を含む関東・甲信越ブロック及び近畿ブロックからの報告が多数を占める(65%)
・北海道・東北ブロック及び近畿ブロック、九州ブロックで増加

________________________________________________

【データから】
◇合計は1,452件で過去3位(一日あたり約4.0件)
・これまでの最高は、平成20年(確定値)HIV感染者1,126件、AIDS患者431件、合計1,557件

◇総感染者に占めるエイズ患者の比率は29.7%(いきなりエイズの割合)
・HIV感染者の早期発見に、いっそうの取り組みが必要(特に感染が増加している九州ブロック)

◇HIV感染者数が昨年よりも減っているが、保健所で抗体検査を受けた人も減っているため、本当にHIV感染者が減ったのかどうかは分からない。(保健所などにおけるHIV抗体検査件数は15万252件で、前年比2万6904件減だった。)

*HIV・梅毒・クラミジア・淋菌など、気になる性感染症をまとめて7検査できます。私も使いました。

・STD研究所 STDチェッカー TypeR(男性用)
クラミジア・淋菌・HIV・梅毒・B型肝炎
クラミジア(喉)・淋菌(喉)

*気になるHIVや梅毒、それに不妊症の原因となる性感染症が12種類まとめて検査できます。

・STD研究所 STDチェッカー TypeT(女性用)
クラミジア・淋菌・HIV・梅毒・B型肝炎・ C型肝炎・トリコモナス・カンジダ
細菌性膣炎・ヒトパピローマウイルス(悪性型)
クラミジア(喉)、淋菌(喉)