素股行為だけで性感染症に感染するか?

この質問を最近ネットの教えてサイトでよく目にします。

素股行為による性感染症の感染を心配する人はとても多く、実際にそれだけ多くの人が素股行為をしているのだと思います。

オーラルセックスによる感染不安と並んで多いようです。

あなたはいかがでしょうか。

■関連サイトはこちらから⇒『手コキ行為で感染する?』

■こちらも関心を持つ人が多い記事です⇒『オーラルセックスとHIV感染』

◇素股行為ってなに?

では素股行為がどんな性行為か、知らない人のためにまず説明します。

素股行為は膣挿入をせずに、男性の性器を女性の股にはさんで圧迫、摩擦する行為です。

いわゆる本番行為のない性風俗などで盛んに行われています。

素股行為はローションを塗って行うのが普通で、男性の性器を膣に挿入はしないものの女性の股間にはさんだり、外陰部と密着させたりします。

もしも、この行為をコンドームなしで行ったらどうなるでしょうか。

素股行為で何かの性感染症に感染する可能性があるでしょうか。

あなたはどう思いますか?

実は・・・・

性感染症の感染リスクは当然あります。

ここでは素股行為によってどんな性感染症に感染するリスクがあるのか、なぜ素股行為で感染してしまうのか、それをお話したいと思います。

◇素股行為で感染する性感染症たち

では、具体的に素股行為で感染する可能性がある性感染症とは、いったいどんなものでしょうか。

STD研究所 のホームページによると、素股行為によって感染する可能性のある性感染症は次のようなものです。

●クラミジア
●淋菌
●HIV
●梅毒
●性器ヘルペス
●尖圭コンジローマ
●B型肝炎
●トリコモナス
●カンジダ
●非クラミジア性非淋菌性尿道炎
●毛ジラミ症
●疥癬

これを見ると、ほとんど主な性感染症は全部可能性があるってことですね。

しかも、男性にだけ感染リスクがあるのではありません。女性も同様です。

素股行為はする方もされる方も性感染症に感染するリスクがあります。

素股行為で感染

HIVなどはとても感染力の弱いウイルスなので感染確率はかなり低いですが、それでもゼロではありません。

ましてや性器ヘルペス、尖圭コンジローマなどは感染力が強く、実際に素股で感染した実例が多く報告されているそうです。

「挿入さえしなければ、コンドームなしでも大丈夫。」

この考えは非常に危険、甘い考えです。素股行為だけでも性感染症の感染リスクがあることをお忘れなく。

◇なぜ、素股行為で感染するのか?

素股行為は挿入行為まで至りません。

それなのに、なぜ性感染症に感染する可能性があるのでしょうか?

それは、

「感染者の体液があなたの粘膜部と接触するから」

これが素股行為で性感染症が感染する理由です。

性感染症は文字通り性行為によって感染していく病気です。

感染者の病原菌を含んだ体液が、あなたの粘膜部に接触することで感染が起きます。

ここで言う粘膜部とは、性器、肛門、直腸、喉 (口の中)などを言います。

膣挿入では当然モロに膣分泌液や精液という体液が、性器という粘膜部と接触します。

素股行為でも女性からは膣分泌液が出てくるし、男性もカウパー腺液(先走り液)や射精までいけば精液が出ます。

当然、あなたのパートナーが何かの性感染症に感染していれば膣分泌液や カウパー腺液、精液には病原菌が含まれています。

そして素股行為ではこうした体液があなたの性器や肛門などの粘膜部と接触する可能性があります。

挿入行為に至らなくても体液と粘膜部の接触があれば感染するのです。

特に梅毒、性器ヘルペス、尖圭コンジローマなどは性器だけでなく、性器の周辺、肛門、足の付け根などに患部が出ることもあります。

従って素股行為では体液を介してだけでなく、直接患部と粘膜部が接触することもあり得ます。

むろん、この場合は感染確率が高くなります。

素股行為同様に、オーラルセックスでも精液、膣分泌液と言う体液が、口の中、喉の粘膜部と接触するため感染の可能性があります。

それに、最初は素股行為だけの積りでも、気が付いたらいつの間にか膣の中に挿入してた・・・なんてこともあり得る話です。

こうなると当然感染リスクはより高くなります。

何せあなたが理性で完全に自分の行為をコントロール出来る状態とは限りませんからね。

ついつい快感に負けて、気が付いたら・・・・(あり得る話です)

私も決してえらそうに言える立場じゃありませんが、あなたもご用心ください。


◇素股行為にご用心

そして、素股行為のリスクは何も性風俗に限った話でもありません。

あなたの相手が誰であろうと、性感染症に感染していれば同じことです。

あなたが素股行為に思い当たる過去があるなら、一度検査を受けた方がいいと思います。

「いや、別にどこも異常はないみたいだから・・・・」

あなたに何も自覚症状がないからと言って、絶対に感染していないとは言えません。

例えば、HIV感染症やクラミジア感染症は非常に自覚症状の出にくい性感染症です。

知らない間に感染してどんどん体内では重症化しているかも知れません。

まぁ、HIVは非常に感染力の弱いウイルスなので、あなたがよほど不運でなければ素股だけで感染することはないと思いますけど。(ただし可能性が完全にゼロとは言えません。)

でも、クラミジアなら感染の可能性アリです。自覚症状がなくても検査しておいた方が安心出来るかと思います。

それからもう1つ、あなたに用心して欲しいことがあります。

それは、素股で感染しやすい、性器ヘルペスや尖圭コンジローマといった感染症です。

これらの感染症自体は症状が出てから病院に行って治療を受ければいいのですが、問題はHIVとの重複感染です。

性器ヘルペス、尖圭コンジローマなどに感染していると、健康な人に比べて2倍から5倍、潰瘍(かいよう)でも出来ていれば何十倍もHIVの感染リスクが高くなります。

それは感染して性器などの粘膜部に炎症を起こしたり、粘膜部以外でも潰瘍が出来るとそこからHIVが侵入しやすくなるためです。この事実はどの専門書、医療サイトを見てもたいてい書かれています。

このようにHIV感染予防の観点からも素股行為によって感染する病気には要注意です。

また、ここでは素股行為を取り上げましたが、怪しいのは素股行為だけではありません。

とにかく、相手の体液があなたの粘膜部と接触した機会があったかどうか、それを思い出してみて下さい。

オーラルセックス、アナルセックスは当然感染の可能性ありです。

そして、思い当たる過去、感染の可能性があればやはり検査を受けておく方が安心だと思います。

もしも、あなたが病院に行く時間がないとか、恥ずかしくて行きたくないとか、そんな思いで検査をためらっているなら、自宅で検査キットを使う方法もあります。

大事なことは重症化する前に検査を受けることです。

実は私も検査キットを4回使いました。保健所や病院まで行かなくていいし、家族にさえナイショで簡単に自宅で検査が可能です。

なお、性感染症の検査キットを全くご存じないあなたもいると思います。

そんなあなたは私が実際に性感染症の検査キットで8種類の検査を受けた体験記を記事にしているのでぜひ読んでみてください。

あっけなく簡単、しかも安心、安全に使えました。

私の体験記はこちら⇒『性感染症、8種類の検査を自宅で体験』

アイコンボタン病院へ行かなくてもあなたの自宅で性感染症の検査ができます。
フッターバナー5

HIVと重複感染が多いのはこれ!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気!主要5項目を同時検査。
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから
主要7項目検査でまずは一安心!
タイプRバナー ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)

¥14,750+消費税
矢印タイプR 男性はこちらから

矢印タイプR 女性はこちらから