性感染症と皮膚疾患についての情報をお届け致します。

性感染症には様々ありますが、その中で何らかの皮膚疾患を伴うものがあります。

例えば、赤い発疹が体中に出たとか、皮膚にしこりが出来たりイボが出来たりすることがあります。

あなたにこうした皮膚疾患が出て、皮膚科の診察を受けた時、思わぬ性感染症を告げられて驚くことがあるかも知れません。

ここで、どんな性感染症に皮膚疾患が見られるのかをまとめてみます。

1.皮膚疾患が見られる細菌による性感染症

○梅毒

○軟性下疳

○鼠径肉芽腫症(第四性病)

2.皮膚疾患が見られるウイルスによる性感染症

○性器ヘルペス

○尖圭コンジローマ

○B型肝炎

○C型肝炎

○HIV

○成人T細胞白血病

○サイトメガロウイルス感染症

3.皮膚疾患が見られる真菌による性感染症

○性器カンジダ症

4.皮膚疾患が見られる原虫による性感染症

○ケジラミ症

○疥癬

○赤痢アメーバ

5.皮膚疾患が見られない性感染症

○淋菌感染症

○性器クラミジア感染症

○膣トリコモナス症

○細菌性膣炎

○A型肝炎

この中で、特にHIVについて説明しておきます。HIV感染者については、その90%に何らかの皮膚疾患が見られると言われています。

しかし、皮膚科の診察によってただの皮膚疾患としてだけ処置され、HIV感染が見逃されてしまうことがあります。

この点については、HIV感染症の専門医が問題提起するところです。

詳しくはこちらをご覧下さい。

『HIV感染症に伴う皮膚疾患』

私自身、帯状疱疹や全身の発疹で診察を受けた時、HIV感染については何も言われなかった経験があります。

どちらもHIV感染に見られる皮膚疾患なのですが。

これは私が素人考えで思うのですが、皮膚科の医師の中には頭からHIVなんてない医師もいるのではないでしょうか。

例えば、私が住んでいるような九州の田舎、地方都市ではまずHIV感染者の絶対数が少ないので、皮膚科の医師が医療現場で診察した経験は皆無だと思います。

だから自分の皮膚疾患の患者の中にHIV感染者がいるかも知れないと思って診察する視点がないのだと思います。

従って、『HIV感染に伴う皮膚疾患』に書かれた症状と似た症状を発症したら要注意です。

ぜひ、担当医にHIV感染の疑いはないか確認してみて下さい。

それが言いにくいあなたは、自分でHIV感染を確認することも出来ます。

アイコンボタン病院へ行かなくてもあなたの自宅で性感染症の検査ができます。
フッターバナー5

HIVと重複感染が多いのはこれ!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気!主要5項目を同時検査。
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから
主要7項目検査でまずは一安心!
タイプRバナー ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)

¥14,750+消費税
矢印タイプR 男性はこちらから

矢印タイプR 女性はこちらから