性感染症と皮膚疾患についての情報をお届け致します。

性感染症には様々ありますが、その中で何らかの皮膚疾患を伴うものがあります。

例えば、赤い発疹が体中に出たとか、皮膚にしこりが出来たりイボが出来たりすることがあります。

あなたにこうした皮膚疾患が出て、皮膚科の診察を受けた時、思わぬ性感染症を告げられて驚くことがあるかも知れません。

ここで、どんな性感染症に皮膚疾患が見られるのかをまとめてみます。

1.細菌による皮膚疾患

●梅毒

バラ疹と呼ばれる発疹はじめ、様々な皮膚疾患を発症します。

皮膚科の医師が梅毒だと気付かず、見逃してしまうこともあります。

 

●軟性下疳

下疳(げかん)」と言うのは潰瘍(かいよう)のことです。

軟性、すなわち触ると柔らかい潰瘍が性器に現れます。

 

●鼠径肉芽腫症(第四性病)

感染すると発疹が出ますが、現在の日本では極めてまれな性感染症です。

2.ウイルスによる皮膚疾患

●性器ヘルペス

男性の場合には、水泡や潰瘍がペニスに出来ます。

女性の場合には、外陰部に軽いかゆみが出て、その後に強い痛みと腫れを感じ、米粒くらいの赤い水泡が出来ます。

やがて水泡は破れて潰瘍になります。

 

●尖圭コンジローマ

女性の場合、性器から肛門にかけて「カリフラワー状」とか、「ニワトリのとさか状」と表現される白色、またはピンク色の米粒大のイボが沢山出来ます。

男性の場合には、亀頭の根元や肛門に米粒大から小豆大のイボが出来ます。

 

●B型肝炎

皮膚や目の白い部分が黄色くなる黄疸が出ることがあります。

また手のひらに赤い斑点が出ることもあります。

 

●HIV感染症

急性HIV皮疹はじめ、免疫力低下に伴う日和見感染症として多様な皮膚疾患を発症します。

HIV感染者の約90%は何らかの皮膚疾患を発症すると言われています。

 

●成人T細胞白血病

皮膚に発疹、皮膚病変が見られます。

皮膚が赤くはがれやすくなることもあります。

3.真菌による皮膚疾患

●カンジダ症

カンジダ症が口腔で発症すると、頬(ほほ)や上あごの粘膜、舌、歯茎などに白い苔のような病変が現れます。

また性器カンジダ症の場合は男性の場合性器に小さな水泡が出来たり、赤くただれることがあります。

カンジダ菌は常在菌なので、必ずしも性行為による感染がなくても免疫力の低下で発症することがあります。

4.原虫による皮膚疾患

●疥癬

最大の症状は我慢出来ないほどのかゆみです。

また首から下の全身、特に指や手などに、赤いブツブツや水泡が出来ます。

5.皮膚疾患が見られない主な性感染症

●淋菌感染症

●クラミジア感染症

●膣トリコモナス症

●細菌性膣炎

私が調べた限りでは、こうした性感染症においては皮膚疾患は見られないようです。

 

6.あなたが注意すべきこと

今回は皮膚疾患を伴う性感染症をご紹介しました。

まぁ、私が調べた限り、特に注意すべきはHIV感染症と梅毒、この2つだと思います。

この2つの性感染症は感染すると非常に多様な皮膚疾患を発症します。

その為、皮膚科の医師でさえHIV感染、梅毒感染を見逃すことがあります。

例えば、「Visuai Dermatology」(秀潤社)、「HIV感染症診療マネジメント」(医薬ジャーナル社)など、多数の本の中で、エイズ治療の専門医がプライマリケアの重要性を説いています。

プライマリケアと言うのは、あなたの掛かり付けの病院で行う医療のことです。

その中には皮膚科も含まれます。

あなたが発疹や斑点など、何かの異常を感じて皮膚科へ行ったとします。

その時、あなたを診察した医師が梅毒やHIVを念頭に診察してくれるとは限りません。

もしかしたら、全く頭から疑わずに診察し、あなたのHIV感染、梅毒感染を見逃すことがあるかも知れません。

専門医は、まずあなたの身近な医療、プライマリケアがHIV感染、梅毒感染を疑うことで早期発見、早期治療が可能になると指摘しています。

まぁ、難しい話は置いといて、大事なことはあなたを診察した医師がHIV検査を指示しなくても、場合によってはHIV検査、梅毒検査をあなたの判断で受けるってことです。

あなたを診察した医師が検査って言わなかったんだから安心だと思わないことです。

そんな町の掛かり付けの病院で見逃して、後にエイズ拠点病院へ運び込まれて初めてHIV感染が見つかる、と言うケースがあるのです。

「もっと早くHIV感染が見つかっていれば、エイズ発症を防げたのに。」

こうしてエイズ治療の専門医はプライマリケアの重要性を指摘することになるのです。

HIV感染ほど深刻ではないにしろ、梅毒感染についても同様です。

従って、あなたにHIV感染、梅毒感染に思い当たる行為があったり、感染不安を感じていたら、どうぞ早めに検査を受けて下さい。

あなたが病院へ行く時間がない、人目が気になる、そんな理由で検査を先延ばしにしているなら、自宅で使える郵送式の検査キットもあります。

HIV、梅毒、B型肝炎、この重複感染の多い3つの性感染症を同時に検査することが出来ます。

説明書通りに正しく使えば信頼性の高い検査が可能です。

アイコンボタン病院へ行かなくてもあなたの自宅で性感染症の検査ができます。
フッターバナー5

HIVと重複感染が多いのはこれ!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気!主要5項目を同時検査。
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから
主要7項目検査でまずは一安心!
タイプRバナー ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)

¥14,750+消費税
矢印タイプR 男性はこちらから

矢印タイプR 女性はこちらから