性感染症が喉へ感染している、と言う記事をご紹介します。

ニュースソースは1月12日付け朝日新聞ネット版です。

このサイトでもオーラルセックスによる性感染症の感染リスクについてはいくつかの記事でお伝えしてきました。

今回は比較的新しいデータからの情報で す。

厚生労働省研究班のメンバーで東京女子医大の余田敬子准教授らは、2005~09年、同大の東医療センター耳鼻咽喉(いんこう)科(東京都荒川区) と、川崎市の性感染症専門のクリニックで次のような調査を行いました。

上記2つの病院を訪れた患者で男性335人、女性519人に対して淋菌、クラミジアの感染有無を調査しました。

そして感染者については感染場所が喉か、性器か、あるいは両方かを調査しました。

調査対象になった患者の多くは風俗店の従業員や利用者が多かったそうです。

1.男性患者 335人における感染調査結果

分類 のどに感染 性器に感染 両方に感染 合計
クラミジア 6人 81人 3人 90人
淋菌 19人 75人 33人 127人

◇男性患者335人に対して、クラミジアに感染していた人は90人で26.8%、同じく淋菌に感染していたのは127人で37.9%でした。

◇クラミジアに感染していた患者で、のどに感染していた人は9人で、うち3人は性器にも感染していました。

クラミジア感染者全体の10%がのどに感染していたことになります。

◇淋菌に感染していた患者で、のどに感染していた人は52人で、うち33人は性器にも感染していました。

淋菌感染者全体の40.9%がのどに感染していたことになります。

2.女性患者 519人における感染調査結果

分類 のどに感染 性器に感染 両方に感染 合計
クラミジア 21人 103人 32人 156人
淋菌 54人 20人 20人 94人

◇女性患者519人に対して、クラミジアに感染していた人は156人で30.0%、同じく淋菌に感染していたのは94人で18.1%でした。

◇クラミジアに感染していた患者で、のどに感染していた人は53人で、うち32人は性器にも感染していました。

クラミジア感染者全体の33.9%がのどに感染していたことになります。

◇淋菌に感染していた患者で、のどに感染していた人は74人で、うち20人は性器にも感染していました。

淋菌感染者全体の78.7%がのどに感染していたことになります。

 

3.広まるのどへの感染

今回の調査結果で、単にクラミジア感染者や淋菌感染者が多かった、と言うのはある意味当然です。

一般の人から無作為に対象者を選んだのではなく、2つの病院の外来者を対象にしているからです。

病院に行く時点で、何か思い当たることや、何らかの自覚症状が出ている訳で当然感染確率は高くなります。

問題なのは、のどへの感染です。調査結果をご覧頂いてお分かりのように、クラミジア、淋菌はのどへの感染が広まっています。

女性患者の場合には、性器に感染した人よりものどへ感染した人の方が多いのです。

のどへの感染はオーラルセックスによるものと考えられますから、当然のどから性器への感染も広まっているはずです。

クラミジア感染症も淋菌感染症も自覚症状が少ないのですが、特にのどへの感染は気付かないことが多いのです。

しかし、放置しておいて自然に治ることはありませんから、ずっと感染したままです。そして、二次感染が広がるのです。

今回の調査対象となった2つの病院の患者は、風俗店の従業員とその利用者が多かったと言うことですから、いかに風俗店ではオーラルセックスにコンドームが使われていないか分かります。

あなたが軽い気持ちで風俗店に遊びに行ったとき、そのお店の従業員や、あなた以外のお客さんにいかに性感染症が広まっているかを思い出してみてください。

 

4.HIV感染のリスク

すでにこのサイトの色んな記事で書いてきたことですが、HIVもまたオーラルセックスで感染する可能性があります。

意外とこの事実をご存知ない人が多いのですが、確率は低くても可能性があり、実際に感染したと言う事例が医療関係者のサイトで紹介されています。

また、今回ご紹介したクラミジアや淋菌、そして梅毒、性器ヘルペスなどの性感染症に感染すると、健康な人に比べて何倍、何十倍もHIVに感染する可能性が高くなります。

これは粘膜部に炎症を起こしてHIVが感染しやすくなるためです。

以上のように、性感染症はのどへ感染、のどから感染が広まっているのです。風俗店が一大感染ルートになっています。

あなたはくれぐれも感染しないよう、コンドームの使用など予防にご注意ください。

もしも、あなたが風俗店でコンドームなしの経験があるなら、少なくともHIV、梅毒、クラミジア、淋菌の4種類の検査を受けられることをお勧め致します。

一番気になる性感染症であるHIV、梅毒。そして最も感染者の多いクラミジア、淋菌をまずは確かめられてはいかがでしょうか。

最後に、私が使ったHIVの検査キット、そしてクラミジアや淋菌の検査キットをご紹介しておきます。

保健所には行き辛い、病院はドクターハラスメントが怖い、もしもあなたがそう不安に思うなら、迷わず検査キットを使ってください。

何より大事なことは、あなたが重症化の前に検査を受けることです。

アイコンボタン自覚症状では分からない性感染症。不安ならまず検査を。

アイコンボタン病院へ行かなくてもあなたの自宅で性感染症の検査ができます。
フッターバナー5

HIVと重複感染が多いのはこれ!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気!主要5項目を同時検査。
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから
主要7項目検査でまずは一安心!
タイプRバナー ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)

¥14,750+消費税
矢印タイプR 男性はこちらから

矢印タイプR 女性はこちらから