当サイトでは過去に性感染症による母子感染を取り上げた記事を掲載しています。

例えば、こんな記事です。

『母子感染する性感染症たち』

『危険な母乳のネット売買』

今回は最新、性感染症による母子感染動向をお届けしたいと思います。

 

◇性感染症による母子感染動向

今回私が調べたのは以下の6つの性感染症です。

●HIV

●梅毒

●クラミジア

●淋菌

●尖圭コンジローマ

●性器ヘルペス

6疾患のうち、HIVと梅毒は全数報告に基づくデータ、残り4疾患は定点報告に基づくデータです。

従って、HIVと梅毒については絶対数の意味はありますが、クラミジアなど定点報告の4疾患については絶対数はあまり意味がありません。

問題なのはその傾向です。年々増えているのか、減っているのか、横ばいなのか。その動向を定点報告から推測することが重要です。

また、HIVについてはエイズ動向委員会から母子感染件数が報告されています。残り5疾患は、母子感染を特定した報告はありません。そこで、0歳から4歳までの感染者数を調べました。

データソースは以下です。

『エイズ動向委員会報告』

『性感染症報告数』

 

ではさっそく調査結果をグラフにしてあるのでご覧頂きましょう。

●HIV・梅毒

HIV・梅毒母子感染
グラフ1.HIV・梅毒

先ほども説明しましたが、HIVは母子感染として報告された件数、梅毒は0歳~4歳の感染者件数です。

どちらも全数報告に基づくデータなので、報告漏れがなければこれが全国の合計となります。

注目すべきは何といっても梅毒の母子感染が増えていることです。ここ数年、梅毒の新規感染者は急増しており、平成29年(2017年)には44年ぶりに5000件の大台を大きく超えています。

特に若い女性の梅毒感染者が増加した結果、母子感染もまた増加傾向にあります。

事前に梅毒感染が見つかっていれば母子感染を防ぐことも可能です。妊婦検診はじめ、妊娠中の梅毒検査は重要です。

 

一方、HIVの母子感染ですが、平成29年(2017年)の速報値では4件が報告されています。過去10年では最多となっており、こちらも早期にHIV感染が見つかっていれば母子感染を防げた可能性が高いと思います。

 

●クラミジア・淋菌

クラミジア淋菌母子感染
グラフ2.クラミジア・淋菌

クラミジア、淋菌は定点報告によるデータです。予め指定された全国約960ヶの医療機関で見つかった感染者のみが報告されます。従って全数報告ではありません。

ここでは感染者の件数よりも、増える傾向にあるのか、減る傾向にあるのか、あるいは横ばいなのか、その動向をみることが重要です。

その観点でクラミジアと淋菌の0歳~4歳の感染者数を見ると、バラツキはあるものの増改傾向にはないと思います。つまり母子感染は増加傾向にないと言えるのではないでしょうか。

 

●尖圭コンジローマ・性器ヘルペス

尖圭コンジローマ性器ヘルペス母子感染
グラフ3.尖圭コンジローマ・性器ヘルペス

尖圭コンジローマ、性器ヘルペスもバラツキが大きく、一定の傾向を示しているようには見えません。ただ、増加傾向にはないと思います。

 

◇まとめ

今回は6種類の性感染症について、この10年間の母子感染を調べてみました。やはり梅毒による母子感染増加が目立ちます。

妊婦検診では全ての性感染症を検査するわけではありません。HIV、梅毒、成人T細胞白血病、B型、C型肝炎、クラミジアあたりは検査することが多いようです。

しかし、今回調べた性器ヘルペスや尖圭コンジローマまでは検査しないことも多いようです。自覚症状がなければ検査しないでしょうね。

やはり感染しても症状の出ない性感染症が怖いです。

 

もしもあなたに性感染症の感染不安があるなら、自宅で使える郵送式の検査キットがあります。正しく使用すれば保健所や病院と同じ信頼性があります。

忙しくて病院へ行けないあなたにはぜひお奨めします。

アイコンボタン自覚症状では分からない性感染症。不安ならまず検査を。

アイコンボタン病院へ行かなくてもあなたの自宅で性感染症の検査ができます。
フッターバナー5

HIVと重複感染が多いのはこれ!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気!主要5項目を同時検査。
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから
主要7項目検査でまずは一安心!
タイプRバナー ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)

¥14,750+消費税
矢印タイプR 男性はこちらから

矢印タイプR 女性はこちらから