HIV感染予防に包茎手術が効果的であると言うお話です。

包茎と言うのは、言うまでもなく男性の性器、ペニスで亀頭まで皮ですっぽり包まれた状態のものを言います。日本人には包茎が多いと言われています。 普段は皮で亀頭が見えないけど、勃起状態では亀頭が出てくるもの、あるいは皮をむくと簡単に亀頭が出てくるものを仮性包茎と呼び、日本人男性の6割近くが この仮性包茎だそうです。

そして、勃起しても亀頭が出てこない、皮をむいても亀頭が出てこないものを真性包茎と呼び、日本人男性の1%ほどがこの真性包茎だそうです。この包茎、特に亀頭が出てこない真性包茎は性感染症(性病)に非常にかかりやすいのです。そして、セックスの相手の女性にも病気をうつしてしまう危険性が高いの です。

真性包茎の場合、亀頭まで完全に皮をかぶっているために、中にカスのようなものがたまりやすく、不衛生 になりがちなのです。カスの部分に雑菌が多くなり、尿道炎、包皮炎、亀頭炎などの原因になります。そして、こういった炎症を起こした部分からはウイルスや 細菌が侵入しやすくなり、性感染症(性病)にもかかりやすくなります。

また、包茎の不衛生な部分に増殖した雑菌が、性行為の際に相手の女性にうつり、今度は女性の方に炎症がおきたりします。確率は低いでしょうが、包茎男性との性行為を繰り返すことで子宮癌の原因にもなると言われています。

医療現場からの情報もweb上では多数見られますが、例えば「さ らば!男の悩み」診療日記と 言うサイトがあります。新宿にあるメイルクリニックと言うところが運営しているブログですが、ここに包茎と性感染症(性病)の関係が詳しく書かれてありま す。

専門的な難しい話はともかく、本来は皮がむけて表に出て乾いているべき部分が、ずっと皮の下に隠れてカスや垢といっしょに湿っているのは衛生的とは言 えないですね。このクリニックを訪れる性感染症(性病)患者の男性の多くは、包茎だそうです。

さて、包茎の男性は性感染症に感染しやすいというのは、HIVにも当てはまります。2007年にアメリカの国立衛生研究所(NIH)がエイズの流行が激しいアフリカで行った、包茎とHIVに関する調査結果を報告しています。その報告によれば、包茎手術によるHIVの感染率低減は53%にも及んだそうです。

そして、2011年7月22日、ローマで開かれた国際エイズ会議において、この調査結果を肯定する更なる3つの調査報告があったそうです。

その中の1つによれば、南アフリカで2007年から2010年にかけて、15歳から24歳を中心に2万人以上に包皮切除を行ったところ、新たなHIV感染例が76%も減少したことが分かったそうです。

また、別の調査報告では、ウガンダのマケレレ大(University of Makerere)が、包皮切除から1年が経過した男性316人(平均年齢22歳)にセックスに関する聞き取り調査を行いました。

このうち220人が

「積極的にセックスをしている」

と答え、全体の87.7%が

「包皮切除を受けてからオルガスムに達しやすくなった」

と答えました。

更に、92.3%が

「性的快感が増した」

と回答したそうです。

すなわち、包皮切除によってHIVの感染リスクが大きく減るばかりか、性生活の質的向上も実現出来ることが分かりました。

この調査はアフリカで行われたものですが、日本においても同様のことが言えると思います。日本の医療サイトでもHIV感染と包茎との関係について指摘されています。

また、包茎手術によって性生活の喜びが大きくなったと言う記事はいくつかの包茎関連サイトで目にします。

さて、ここまで記事を書いてきて、あなたに私からお伝えしたいことはただ1つです。もしもあなたが真性包茎なら、どうぞ早く手術を受けて下さい。仮性包茎ならまだしも、真性包茎を放置しておいても何もいいことはありません。

あなた自身がHIVを始めとする性感染症に感染しやすくなるばかりでなく、あなたのパートナーにも感染症をうつすリスクも高いのです。

前の記事にも書きましたが、真性包茎は健康保険の適用が可能です。普通の病院で手術すれば1万円くらいで済みますから、くれぐれもインチキクリニックにだまされて高額費用を請求されないようにして下さい。

*やはりHIVは一番気になるし、この際まとめて5種類検査。
■STD研究所 STDチェッカー TypeE(男性用女性用
HIV・梅毒・クラミジア・淋菌・B型肝炎 代表的な5つの性感染症がまとめて検査可能です。

*もっとも感染者が多く、しかも自覚症状が少ない性感染症です。
■STD研究所 STDチェッカー TypeP(男性用女性用
クラミジア・淋菌・クラミジア(のど)・淋菌(のど) やっかいな咽頭感染の検査も可能です。

■この検査の信頼性(郵送検査認定事業者とは?)

■この検査の利用者の声(6375件の声)