TOPコラムトップ>性感染症、デリヘルは安全?

性感染症をうつされない、安全なデリヘルはどれ?

いきなりですが、あなたに質問です。実際にあなたがデリヘルで遊ぶかどうかは別にして、仮に自分だったら、と考えてみて下さい。

注)デリヘルとは、デリバリーヘルスの略で、お客の自宅やホテルに出張するファッションヘルスのことです。

次の4つのデリヘルがあります。あなたが性感染症をうつされない、安全なデリヘルはどれでしょうか?

1.毎月1回、必ず性感染症の検査を義務付けているデリヘル。

2.定期ではなく、不定期に性感染症の検査をするデリヘル。

3.全く性感染症の検査をやらないデリヘル。

4.性感染症の検査をやっていないのに、やっているとウソを言うデリヘル。

さぁ、あなたはどのデリヘルが安全だと思いますか?

え?

「そんなの1番に決まってるじゃんか!」

即座にそう思ったあなた。あなたはいつかそう遠くない時期に病気をもらっちゃう危険性があります!

正解は、

「どのデリヘルも危ない!」

です。

このひっかけのようなクイズは、横浜にある関内マリンクリニックと言う性感染症、ED、薄毛などの治療をす るクリニックの、西原仁院長が運営するブログに出てきます。

このブログ、毎回の記事は短いのですが、なかなか興味深いものがあって面白いです。

先ほどのクイズですが、月に1回検査しているからといって、あなたが遊んだときにうつされない保証など何もないそうです。

まぁ、確かにそりゃそうですね。デリヘルで働く女性は恐らくほぼ毎日のように違うお客と性行為を繰り返しているわけで、毎日性感染症の感染リスクにさらされている訳です。

特にHIV感染に至っては、抗体検査で分かるのは2ヶ月、3ヶ月前の感染有無ですから、今現在、HIVに感染しているかどうかは分かりません。ブログの中で西原院長も指摘されていますが、仮にデリヘルで何かの性感染症をうつされたとしても、それで訴えるお客などまずいません。

クレームをつけるのは怖いし、恥ずかしいですよね。しかも、自分の相手からうつされたことを証明するのは事実上不可能でしょう。ゆえに、デリヘルでは風俗嬢に性感染症の検査を積極的に実施することはないのです。風俗嬢が自分の身を守るために自ら性感染症の検査を受けるしかありません。

むろん、中にはキチンと検査をやっている良心的なお店もあるかも知れません。でも、先ほども書きましたが仮に検査をやっていてもあなたが安全とは言えません。ちなみに、西原院長の関内マリンクリニックを訪れる風俗嬢の性感染症の感染率は、約40%だそうです。

うーん・・・怖い!これでもあなたはコンドームなしで遊べますか?

すでに遊んでしまったあなたは、ぜひ一度性感染症の検査をお勧めします。あなたが病院に行くのが嫌なら、あなたの自宅でも簡単に検査が出来ます。私も使いました。

アイコンボタン病院へ行かなくてもあなたの自宅で性感染症の検査ができます。
フッターバナー5

HIVと重複感染が多いのはこれ!
タイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
一番人気!主要5項目を同時検査。
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから
主要7項目検査でまずは一安心!
タイプRバナー ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)

¥14,750+消費税
矢印タイプR 男性はこちらから

矢印タイプR 女性はこちらから