このページは、性感染症(性病)検査キット購入にあたり、どの検査キットを選べばいいのか、迷っている人へ私が検査キットを購入した体験談をお話しするものです。

私が購入した性感染症(性病)検査キットは1種類だけですが、それを選ぶまでには色々と検査キット販売会社の情報を調べてみました。その体験が少しでも、皆さんのお役に立てば幸いです。

さて、現在国内で性感染症(性病)検査キットを販売している会社は10社以上あり、検査キットの種類も何十種類とあります。
その中から一番よい検査キットを選ぶのはとても迷うものです。私が慎重に選んだ検査キットは、STD研究所 STDチェッカー です。

それでは、まずは私が何を重視して性感染症(性病)検査キットを選んだか、次の3回に分けてお話します。

◇検査キットの選び方(概要編)・・・検査キットを購入する目的から、最も重要な選定条件は何かを考えました。

◇検査キットの選び方(詳細編)・・・更に選定条件を細かく検討し、絶対に外せない4項目をご紹介します。

◇検査キットの選び方(HIV編)・・・私が選んだHIVの検査キットについて、具体的に選定条件を検証しました。

また、番外編としてHIV以外の性感染症についても検査キットをご紹介します。

◇検査キットの選び方(複合編)・・・HIV以外の性感染症について、検査キットの選び方をご案内します。

では、まずは概要編からどうぞご覧下さい。

【性感染症(性病)検査キットは信頼性が肝心】

まず、性感染症(性病)検査キットは何といっても検査の信頼性が一番です。信頼性は絶対に譲れません。もっとも重要な検査キット選択ポイントです。私や皆さんが性感染症検査キットを購入する目的を考えれば、そう思うのは当然です。

私たちが性感染症検査キットを買うのは、自分が性感染症(性病)に感染しているかも知れないと不安だからです。もしも感染していたら、そのまま放置することは出来ません。すぐに治療を受けなければならないのです。その不安を晴らすために性感染症検査キットを購入するのです。その不安に対して、検査結果が持つ意味はとても重いものです。

もしも、検査結果で性感染症(性病)に感染していないと分かれば不安は一気に解消されます。もう、悩む必要もなくなるのです。どんなにか晴れ晴れとした気持ちになれることでしょう。私はHIV検査を受けたのですが、検査結果が陰性(感染していない)と分かったとき、全身の力が抜けるくらいほっとしたのを覚えています。エイズの不安から開放されたのです。

それは、陰性と言う検査キットの結果を信用できたから、安心できたのです。ほっとできたのです。もしも、検査結果を信用できなければ、そんなふうに喜べません。そもそも、検査キットを使って検査を受ける意味がありません。

では、もしも私の検査結果がHIV陽性(感染している)だったとしたらどうでしょう。すぐに確認検査と呼ばれる、二次検査を受けることになります。そこでも陽性と判定されれば、HIVに感染していることが確定します。そこからは検査ではなく治療を受ける段階となります。こんな大事な判定を行うのですから、HIV検査キットは信頼性が大事なのは当然です。これは私が受けたHIV以外のどんな性感染症(性病)でも同様です。

検査キットの結果が陰性(感染していない)と出れば安心出来ます。検査結果が陽性(感染している)と出れば治療に入ります。検査キットの検査結果で次の行動を判断するのです。考えてもみて下さい。もしも、100人の陰性結果に対して、10人は本当は陽性です、なんて程度の信頼性だったとしたら。あなたは陰性と言う検査結果に対して、心から安心出来ますか?絶対に出来ないですよね。

そして、そんな信頼性では、単に喜べないと言うだけの問題で終わりません。つまり、性感染症(性病)に感染している人が本来なら陽性と言う結果で治療に入るところが、陰性と出てしまえば治療を受ける機会を失ってしまうのです。

不治の病、死の病であったHIV感染でさえも、今では早期に発見できればエイズ発症を抑えることが出来るのです。病気は何でもそうですが、早期発見、早期治療に勝るものはありません。

もう一度繰り返しますが、私たちが性感染症(性病)検査キットを購入する目的は、安心を手に入れたいからです。陰性であれば感染していないと分かり、もう安心です。陽性であれば、一刻も早く治療を開始して健康な身体を取り戻したい。元気に安心して暮らしたいのです。どちらの検査結果に対しても信頼性が保障されていてこそ、最後に安心出来ると言うものです。

では、性感染症(性病)検査キットの信頼性とはいったい何でしょうか。決して検査キット単体だけを問題にするのではありません。検査キットを購入申し込みするとき、検査キットを受け取ると き、検査キットを使用するとき、検体を検査してもらうとき、そして最後に検査結果を知らせてもらうとき、これら全ての工程に渡って信頼性が保障されていな くては安心出来ません。

あなたの検査結果が、実は他人の検査結果と間違えて入れ替わっていた、なんてことになったらとんでもない事になります。検査キット単体の信頼性と同時に、全体のシステムに対する信頼性も重要なのです。トータルとしての信頼性が大事です。

では、性感染症(性病)検査キットを選ぶとき、どうやってその一番大事な信頼性を確かめることが出来るのでしょうか。また、信頼性以外に注意する点は何があるのでしょうか。

実際に、私がHIV検査キットを購入するのにどこをポイントに選んだか、具体的にお話したいと思います。私がたどり着いたのは、STD研究所 STDチェッカー です。

私の選び方を参考に、あなたが性感染症(性病)検査キットを選ぶときに絶対に失敗しない選び方をして頂けたらと思います。